特徴(特性)

  1. ルコナック®爪外用液5%は、ルリコナゾールを含有した爪白癬治療剤であり、1日1回の塗布で効果を発揮します。
  2. 爪白癬の原因真菌である皮膚糸状菌(トリコフィトン属)に対し、強力な抗真菌活性(MIC・MCC)を示します(in vitro)。
  3. 爪への浸透性に優れており、爪全層で高い薬物濃度を示し、抗真菌活性が認められました(in vitro)。
  4. 爪白癬患者における爪中薬物濃度は、投与1週後から高い薬物濃度を示し、投与終了4週後においてもMICを上回る薬物濃度が維持されました。
  5. 薬液が広がりやすく、簡単に塗布できます。
  6. 基剤を対照とした無作為化二重盲検並行群間比較試験(第Ⅲ相臨床試験)において、本剤の爪白癬に対する臨床効果が確認されました。
  7. 国内臨床試験において本剤が投与された242 例中、副作用の発現症例は44 例(18. 2%)でした。主な副作用は投与部位の局所性のものであり、皮膚乾燥13 例(5.4%)、接触皮膚炎10 例(4.1%)、爪囲炎8 例(3.3%)、湿疹6 例(2. 5%)、皮膚炎、皮膚刺激、乾燥症各3 例(1.2%)等でした(承認時)。

ルリコナゾールを高濃度(5%)に配合し、爪への浸透性に優れた製剤です(in vitro)。

イメージ図